炭チャコールサプリ「くろしろ」ダイエットでは全然痩せない?効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】くろしろが効果ない?詐欺ってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

ダイエット情報

痩せ菌を増やせばラクに痩せられる!?デブ菌とのバランスが重要!最適な食材は何?

更新日:

腸内には痩せ菌とデブ菌が存在していることをご存知でしたでしょうか?

実は、この2つの菌が体重の増減に大きく関わりを持っているんですよ。

この2つの働きがダイエットを成功させることができるかどうかの行方を左右していきます。

太りやすくて悩んでいると言いう方は、お腹の中の菌が原因かもしれません。

 

まずは腸内に住んでいる菌のバランスを整えることが、おデブから抜け出せる最初の近道です。

 

今回は太りやすい体質で困っている方のために、デブ菌を減らして痩せ菌増やす方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

そのような効果のある食材をおいしく食べるための調理方法も一緒にご紹介していきますので、毎日の食生活に取り入れてみてください!

 

痩せ菌やデブ菌って何?

皆さんは痩せ菌とデブ菌というものが存在していた事はご存知でしたでしょうか?

最近はメディアでも取り上げられているのですが、実際にはどのようなものなのか聞かれるとわからないと言う方も多いことでしょう。

次にこの2つの菌についてと、どのような役割を持っているのかを説明していきますので、ぜひご覧ください。

 

痩せ菌とは?

腸の中に存在している善玉菌の1種が痩せ菌です。

代表的に挙げられるのは、バクテロイデーテス類というものです。

これは短鎖脂肪酸という物質を作り出す役割を担っています。

この物質には腸内環境を整えてくれたり、脂肪が蓄積されるのを防いでくれたりする効果があるんですよ。

脂肪の燃焼効果もアップさせてくれるので、ダイエットにはとてもオススメの成分です。

このような痩せ菌を腸内の中に増やすことができれば、食べても太りにくい体質を作り上げることができます。

太りやすい体質から抜け出すこともできるんですよ。

 

しかし、痩せ菌にもデメリットがあります。

それは、一度増やしてもまたすぐに減ってしまうということです。

痩せ菌を減少させないためにも、発酵食品や食物繊維を積極的に摂取して、どんどん増加させていきましょう。

 

デブ菌とは?

ファーミキューテス類という正式名称がつけられているのがデブ菌です。

これは一般的に悪玉菌に分類されている成分です。

このデブ菌には体に不要な脂肪や老廃物を吸収して、蓄積させてしまう性質があるんです。

 

「ダイエットをしているのになかなか効果が出ない」

 

「食事制限をして食べないように工夫しているのに太ってしまう」

 

などの悩みを抱えている方も多いことでしょう。

その悩みの原因はデブ菌にありのです。

じゃあデブ菌は体の中に存在しない方が良いのかと思う方がいるかもしれませんが、実はそうでは無いのです。

体にあまり良い働きをしないデブ菌ですが、大切な役割も担っているのです。

ある程度の悪玉菌やデブ菌がないと、体に良いメリットを与えてくれる痩せ菌や善玉菌が活発に動かなくなってしまうのです。

増えすぎるのもいけませんが、ある程度の悪玉菌やデブ菌は体の中には必要なのです。

 

ただ、悪玉菌やデブ菌は大人の体の中からなくなる事はありません。

ですので、このような菌の減りすぎなどは気にしなくても大丈夫です。

 

デブ菌と痩せ菌の理想のバランス

理想のバランスとしてはデブ菌が4、痩せ菌が6の割合がベストだと言えるでしょう。

デブ菌が痩せ菌により上回ってしまうと、脂肪を溜め込みやすい体質になってしまうので、太りやすくなってしまいます。

食生活の乱れや生活習慣の乱れなどで、簡単にこのバランスは崩れてしまうので、しっかりと対策を練っておかなければいけません。

ダイエットを成功させるためには、痩せ菌の数を増やすことが重要なポイントになります。

 

もしデブ菌が増えた時の「悪」影響

腸内には別の菌も存在しています。

それは日和見菌です。

この菌はどちらかの味方というわけではありません。

これは性質を変化させる菌なので、割合の大きい方の味方につく特徴を持っているのです。

痩せ菌よりデブ菌の方が増えてしまえば、痩せ菌がデブ菌に変化してしまうため、おデブ道まっしぐらでしょう。

 

しかも、デブ菌が体に与える悪影響は他にもいろいろあるのです。

体重が増加するだけではなく、便秘や肌トラブルを招いたりなど、美容面や健康面などにも悪影響を与えてしまうのです。

美しく健康な体を手に入れるためには、デブ菌が増えるのを防がなければいけません

 

デブ菌を減らす方法は?

痩せ菌を増やすことで、デブ菌を減らすことができます。

善玉菌や痩せ菌が活発に働くことで、自然とデブ菌は減少していくんですよ。

オリゴ糖や発酵食品は、痩せ菌を増やしてくれる効果があるので、毎日の食事に積極的に取り入れてみると良いでしょう。

また、脂っこいものやカロリーの高い食事はデブ菌の餌になってしまうので、控えるようにしましょう。

脂っこいものや甘いものをなるべく抑えて、暴飲暴食にも注意してくださいね。

極端に食事を制限してしまうのは逆効果を与えてしまう危険性もあるので、1日3食はしっかり食べるようにしましょう。

 

痩せ菌を増やすおすすめの食べ物

デブ菌を減らして痩せ菌を活発に働かせたいのであれば、食生活を改善する必要があります。

次に痩せ菌を増やして、ダイエットの手助けをしてくれる食材をご紹介していきます。

 

オリゴ糖を含む食材

痩せ菌や善玉菌の餌になるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖を積極的に摂取することで、どんどん痩せ菌や善玉菌を増やすことができますよ。

では、どのような食材にオリゴ糖が含まれているのか見ていきましょう。

 

  • 大豆類
  • 玉ねぎ
  • 蜂蜜
  • アスパラガス
  • バナナなどの果物類

 

上記で挙げた食材にオリゴ糖がたっぷり含まれているので、毎日の食生活に取り入れるようにしましょう。

また、食物繊維や発酵食品などの痩せ菌を増やす効果のあるものと一緒に摂取することで、より効果を高めることができますよ。

ちなみにバナナは弱火で加熱することで、オリゴ糖の量を増やすことができます。

火を通すことで、よりバナナの甘みを引き出すことができるので、ダイエット中の間食にオススメですよ。

 

オリゴ糖はカロリーが低いので、砂糖の代わりとして使うのも良いでしょう。

オリゴ糖は近くのスーパーやドラッグストアで簡単に手に入れることができるので、うまく料理に活用していきましょう。

さらに、オリゴ糖は体内に吸収されにくい性質を持っているので、血糖値の上昇を防いでくれる働きもあるんですよ。

もちろん、摂取しすぎてしまうと太る原因になってしまいますが、うまく利用することで血糖値の上昇による脂肪の増加を防ぐことができるんですよ。

しかし、オリゴ糖には乳糖など他の甘味料で加工されてある商品も多く販売されています。

これらのような加工されたものではなくて、購入するときは純粋なオリゴ糖を選ぶようにしてください。

オリゴ糖には以下のようなことに絶大な効果を発揮してくれます。

 

  • 妊娠の時期の便秘
  • 赤ちゃんや子供の便秘
  • 健康的なダイエット
  • 腸内環境を改善することによって得られる健康増進

 

これらにオリゴ糖は大きな効果を発揮してくれます。

しかし、オリゴ糖の中にはショ糖などを含むものがあるのですが、それを摂取してしまうと健康になるどころか逆に悪化させてしまう可能性もあるので気をつけなければなりません。

ですので、オリゴ糖を摂取するのであれば100%近い純度の高いものを摂取するようにしましょう。

大麦若葉や桑の葉、クマザサなどが使用されていて、オリゴ糖が配合されている青汁があることをご存知でしたでしょうか?

藍の青汁ときう商品なのですが、青臭さがなく飲みやすくて、毎日継続して飲み続けやすいんですよ。

野菜不足を解消してくれるだけではなく、食物繊維とオリゴ糖の働きで朝の目覚めもスッキリさせてくれます。

 

糖アルコールを含む食材

糖アルコールには体内に吸収されにくい特徴を持っているので、腸の中にそのまま届けることができるのです。

これはオリゴ糖と同様に、善玉菌や痩せ菌の餌になります。

甘みがあるのにもかかわらずカロリーが低く、虫歯になりにくいので積極的に摂取すると良いでしょう。

 

  • いちご
  • メロン
  • 昆布
  • りんご

 

などのような食材に糖アルコールが含まれています。

他にも加工食品の甘味料としても広く利用されているのが特徴です。

キシリトールという言葉を皆さんも耳にしたことがあると思いますが、これも糖アルコールの一種に分類されています。

糖アルコールにはエリストールやマルチトールなどいろいろな種類のものがあります。

普通の砂糖が入っている商品よりもカロリーが低くて太りにくいので、ダイエット中の方はこのような食品を間食に取り入れてみると良いでしょう。

 

発酵食品を含む食材

ご存知の方も多いと思いますが、発酵食品には善玉菌がたっぷり含まれています。

食べ物が発酵する過程で麹菌や納豆菌が発生するのですが、この菌が体に良いメリットを与えてくれるのです。

これらの菌が腸内環境を整えてくれるのですが、その働きによってデブ菌を減らして痩せ菌を増やすことができるのです。

 

  • 納豆
  • 味噌
  • キムチ
  • アルコール
  • 甘酒
  • お酢

 

このような食品がおすすめです。

しかし、一口に発酵食品といってもその種類は様々に存在しています。

発酵食品によっては含まれている菌もそれぞれに違ってきます。

例えば、お酢に入っている酢酸菌には悪玉コレステロールを減少させてくれる効果があります。

味噌には麹菌が含まれているのですが、これは代謝を高めてくれる働きがあります。

ダイエットはもちろんのことなのですが、便秘を解消したり、美肌を手に入れられたりなど女性に嬉しい効果をたくさん得ることができるのでおすすめです。

ただし、人によって合う発酵食品はやはり違うので、自分に合う食品を探してみてください。

 

水溶性食物繊維を含む食材

水溶性食物繊維は水に溶ける性質を持っています。

これらもオリゴ糖や糖アルコールと同様に善玉菌と痩せ菌の餌になるのです。

また、水溶性食物繊維が体の中で溶けることで、快便を促すことができるので便秘解消にもつながりますよ。

便秘は腸内環境を乱してしまう原因なので、デブ菌が増えてしまいます。

水溶性食物繊維が含まれている食べ物を積極的に取り入れて、便秘とおさらばしましょう。

 

  • 海藻類
  • オクラ
  • りんご
  • アボカド
  • きのこ
  • 山芋

 

これらの食材に水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

しかし、便の通りを良くしたいのであれば不溶性食物繊維も摂取しなければなりません。

不溶性食物繊維は便のかさを増やして、腸の働きを活発にしてくれます。

この働きのおかげで便秘を解消することができるので、ちらの食物繊維もバランスよく摂取することが重要です。

 

  • 大豆
  • 玄米
  • ごぼう

 

などに、不溶性食物繊維が多く含まれています。

上記で挙げた食材をバランスよく一緒に食べることで便秘を改善することができますよ。

また、野菜には2つの食物繊維が含まれているのですが、それらも積極的に摂取することで食生活を改善することができます。

これらの食生活を心がけることで、痩せ菌が増えやすい腸内環境を作ることができるので、太りにくく痩せやすい体質を手に入れることができます。

 

増えた痩せ菌を維持するポイント

生活習慣や食生活が変化することで、すぐに腸内環境は変わってしまいます。

生活習慣や食生活の少しの乱れが原因で、せっかく増えた痩せ菌があっという間に減少してしまうかもしれません。

ダイエットや健康維持に重要なのは痩せ菌をキープすることです。

次に、デブ菌を増やさず、痩せ菌を減らさないための方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

空腹の時間

頻繁におやつを食べたり、だらだらと長い時間食べたりなど、1日中食べてばかりの方の腸にはデブ菌が多く存在しています。

そのような研究結果も出されているのです。

痩せ菌を減らさないためには、空腹の時間がとても重要なカギを握っています。

決まった時間にしっかり1日3食を食べて、それ以外の時間はあまり食べ物を摂るのを控えるようにしてください。

毎日の食事の時間をしっかり決めておくことで、空腹の時間を作ることができます。

 

しかし、どうしても甘いものが食べたくなる時がありますよね。

甘いものを絶対に食べていけないというわけではありません。

そのような時は食後のすぐ後に食べるようにしましょう。

ポイントは、夕食から次の日の朝食まで大体10〜12時間ほど時間をあけることです。

意識して空腹の時間を作ることで、より良い効果を得ることができますよ。

 

人工甘味料には注意

人工甘味料は様々な商品に多く含まれているのですが、それらを食べ続けてしまうと腸内環境が乱れてしまいます。

デブ菌が増えてしまうどころか、痩せ菌も減りやすい環境を作り上げてしまうので、注意しなければなりません。

実は、カロリーゼロと謳われている食品にも人工甘味料が使われている場合が多いんですよ。

また、人工甘味料には食欲を高めたり、甘みに対する依存を引き起こしてしまう効果があるので、ついつい食べすぎてしまうことがあります。

 

「ダイエットのためだからカロリーゼロのものを選ぼう」

 

と、我慢して選んでいる食品であるにもかかわらず、それのせいで太りやすい体を作り上げてしまうこともあるんですよ。

痩せ菌を減らさないためにも、食べ過ぎを予防するためにも、人工甘味料には充分に注意しなければなりません。

甘いものが食べたくなった時は、自然の甘味料であるメープルシロップや蜂蜜などを選ぶと良いでしょう。

 

サプリメントに頼る

腸内環境を整えてくれる成分や善玉菌が痩せ菌をの維持をサポートしてくれます。

普段の食事でも摂ることができますが、十分な量を補いたいのであればサプリメントを服用すると良いでしょう。

サプリメントを毎日飲むだけで、痩せ菌を増やす効果のある成分や善玉菌が簡単に補うことができます。

 

おすすめのサプリは乳酸菌やビフィズス菌が配合されているものです。

カプセルで菌が守られている状態なので、生きたまま菌を腸まで届けることができます。

ラクトフェリンと乳酸菌が一緒に配合されているものや、乳酸菌革命であれば善玉菌を十分に補充することができるので、痩せ菌を増やすことができますよ。

自分の目的に合ったサプリを飲んで、菌の効果を高めてあげてくださいね!

 

まとめ

今回は、痩せ菌とデブ菌についてどのようなものなのか、どのような効果があるのかなどを説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

痩せ菌を増やすことで、腸内環境を整えることができ、ダイエットに大きな効果をもたらすことができます。

さらには、ダイエットの面だけではなくて健康面や美容面でも良いメリットを与えてくれます。

痩せ菌を増やす食材や食べ方も一緒にご紹介していきましたので、ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてくださいね!

菌をうまくコントロールして、太りにくく痩せやすい体を手に入れましょう。

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば、幸いです。

 

*痩せ菌サプリランキングをチェックしてみよう!

レビュー
痩せ菌サプリでダイエット♡本当に効く口コミおすすめサプリランキングTOP6

ダイエットを何回挑戦しても、なかなか効果を実感することができなかったり、辛い食事制限や過度な運動が辛かったりなど、挫折し ...

続きを見る

-ダイエット情報

Copyright© 【大暴露】くろしろが効果ない?詐欺ってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.