炭チャコールサプリ「くろしろ」ダイエットで痩せる効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】くろしろが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

便秘

あなたの便秘は何が原因?日常生活に隠れている影響13選!根本を知って正しく対処しよう

更新日:

多くの女性がつらい便秘で悩んでいます。

皆さんの周りでも便秘で悩んでいるという方がとても多いのではないでしょうか?

便秘にも様々な種類があるので、原因が1つとは限らないのです。

重くて辛い便秘で悩んでいる方は、もしかしたらいくつもの原因が重なり合って症状が出ているのかもしれません。

しかし、便秘の原因に合った対処法をしなければ、その便秘を改善することはできません。

ですので、自分の便秘がどのようなものなのか理解しなければならないのです。

次で、便秘の原因を説明していきますので、自分がどの項目に当てはまるか確認しながら見てみてください。

 

便秘にははっきりした定義はない

便秘には明確な定義はないのですが、一般的には1つの目安としてこのような条件が挙がっているようです。

 

  • 便が3日以上でない
  • 排便をする回数が1週間に2回以下である

 

このような状態に陥っている方は、一般的に便秘と言われているようです。

ただ、便秘は回数だけで判断されるものではありません

 

  • 排便中でもお腹が痛い
  • 俺がお腹に残っている感覚がある
  • お腹が張っていて苦しい
  • 便をうまく出すことができない

 

このような症状が見られる場合にも便秘の可能性が非常に高いです。

 

あなたはどれ?便秘を引き起こす13の原因

上記で簡単に便秘にも様々な種類があることをお伝えしましたが、大きく分けると2種類のものになります。

 

  • 病気などが原因で起こる器質性便秘
  • 生活習慣や食生活など他の原因で起こる機能性便秘

 

あくまでも大きく分けてこの2種類になるのであって、機能性便秘にはさらにいくつかの種類に分けることができるのです。

便秘の種類にも様々な症状が見られるので、その便秘を改善するためにはまず自分が悩んでいる便秘がどの種類のものなのか特定しなければなりません。

では、次に便秘の様々な種類について説明していきますので、ぜひご覧ください。

 

病気が原因の器質性便秘

何かしらの病気が原因で、体内で作られた便が大腸をうまく通り抜けすることができなくて起きてしまう便秘です。

例えばですが、体調がんの手術がきっかけで腸が癒着してしまったり、大腸にポリープや腫瘍があるために便を排出することができないといった場合もあります。

 

トイレを我慢すると習慣性便秘に

習慣性便秘ですが、これは別名直腸性便秘とも言われています。

仕事中やプライベートでもトイレに行くのが恥ずかしいからと我慢してしまい、便が肛門付近に停滞してしまうことで起きてしまう便秘です。

便は直腸に到達すると脳に便意を起こすように伝えます。

しかし、脳が訴えているにもかかわらずそれを無視し続けてしまうと、だんだん便意を感じることができなくなってしまうのです。

これは排便反射とも言うのですが、これは数分で止まってしまいます。

このような便秘にならないためにも、トイレを我慢せずこまめに行くようにしましょう。

人間の生理現象ですので、何も恥ずかしい事は無いんですよ。

 

骨盤底筋の筋力低下も直腸性便秘の原因に

子宮、膀胱、直腸などを支える筋肉のことを骨盤底筋と言われています。

骨盤底筋は内臓の働きと密接な関係になっています。

内臓の働きと大きく関わっているこの骨盤底筋が低下してしまうと、同時に腸のぜん動運動の機能も低下してしまうのです。

腸を下に押し出す運動機能が低下してしまうので、これが原因で便秘を引き起こしてしまいます。

特に、出産経験のある人は骨盤が歪んでいるので、子供を産んでから便秘で悩まされるようになったという方は、骨盤底筋が低下したことによる便秘かもしれません。

 

食生活が原因の食事性便秘

生活習慣や食生活が乱れている方は、食事自体が便秘の原因となっているのかもしれません。

大きな理由として挙げられるのは食物繊維不足と水分不足でしょう。

知らない方が多いかもしれませんが、便の主な成分は水分です。

水分不足になってしまうと、吸収されるはずの水分が便に回されず、便が硬くなり、排出されにくくなってしまうのです。

また、食物繊維が不足していると腸の働きを鈍らせたり、腸内に便を溜めやすくなってしまったりします。

これが原因で便秘を引き起こしてしまうのです。

 

食物繊維の摂り過ぎによる便秘

これは、上記で挙げた便秘と似ているのですが、これは逆に食物繊維の摂り過ぎが原因になります。

便秘に良いからと食物繊維を摂取しすぎてしまうと、逆に便秘を悪化させてしまう可能性があるのです。

ちなみに食物繊維は、

 

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

 

と、大きく2つに分類することができます。

便秘を引き起こさないために上記2つの食物繊維を上から順に1:2の割合で摂取すると良いでしょう。

食物繊維が含まれているからといって、 1つの食材を集中的に食べてしまうと食物繊維が偏ってしまいます。

不溶性食物繊維を取りすぎてもだめですし、水溶性食物繊維を取りすぎてもだめなので、バランスよく食物繊維を摂取することが重要なポイントです。

 

運動不足で弛緩性便秘に

女性は男性と違って筋力が低下しやすく、特に便を押し出す上で大切な腹筋の筋力が低下しやすいんです。

弛緩性便秘は日本人に最も多いタイプだと言われていて、特に女性や高齢者に多く見られるのが特徴でしょう。

便を押し出すにもそれなりの筋力が必要なのです。

全体の筋力が低下してしまうことで、腸の働きも鈍くなり、便秘になってしまうのです。

便秘を引き起こすだけではなく、腹筋が低下することで内臓が下に下がってしまい、あらゆる面で影響が出てきます。

例えば、コロコロ便が出るようになったり、お腹の張りを感じるようになったり、肌トラブルまでも引き起こしてしまう原因にもなるんですよ。

このようなことを防ぐためにも、適度に筋力トレーニングを行わなければなりません。

 

ストレスによる痙攣性便秘

多くの女性はストレスを溜め込みやすく、そのせいで便秘になってしまうのです。

ストレスを溜め込んでしまうと腸が緊張状態に陥り、うまく働くことができなくなってしまうのです。

また、ストレスのせいで自律神経も乱れてしまいます。

自律神経は腸のぜん動運動を促す上でとても大切なもので、それが乱れてしまうとぜん動運動をすることができないので便をうまく排出することができなくなってしまうのです。

このタイプの便秘はいわゆる兎糞と言われているコロコロした便が出るのが特徴です。

便を排出することができず、便の水分がどんどん大腸に吸収されてしまい、このようなコロコロ便が出てきてしまうのです。

さらに、便の水分を吸収するという事は便の中にある毒素や有害な物質を吸収するということになるのです。

せっかく体に害を成すものを排出するのに、それを吸収してしまっては、健康面や美容面に様々な影響を及ぼしてしまうんですよ。

 

過敏性腸症候群が原因の便秘

便秘の大きな原因の1つとして取り上げられているのが過敏性腸症候群です。

これも上記と同じくストレスが原因で起こる便秘ですが、症状としては便秘と下痢を何度も繰り返すというのが見られます。

ストレスを自覚していて、便秘だけではなく下痢の症状も現れるようになったら、過敏性腸症候群を引き起こしている可能性が高いです。

異変に気づいたら早く病院に行って、専門医に診てもらうことが大切です。

 

睡眠不足で自律神経のバランスが乱れている

人間の体の仕組みは睡魔が襲ってくると、副交感神経の方が優位になるように作られています。

この仕組みは自分の意思でコントロールできるものではありません。

日中は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位に働くように、しっかりと体のリズムが仕組まれています。

睡眠している間は腸は一生懸命に働いて、食べたものを消化して便を作っているのです。

睡眠不足になってしまうとそのサイクルが乱れてしまうので、朝起きても便意を感じることができないのです。

これも老廃物を体の中に溜め込むことになってしまうので、健康面にあらゆる悪影響を与えてしまうかもしれません。

 

ダイエットで食事を抜くことでも便秘になる

十分な量の便を作って初めて便意を起こすことができるのです。

しかし、過激なダイエットで食事の量を極端に減らしてしまうと、十分な量の便を作ることができず便秘になってしまうのです。

食事制限も正しい方法で行わなければ、ダイエットに効果が得られないどころか、便秘の症状を悪化させてしまう原因にもなるんですよ。

 

生理前は便秘になりやすい

便秘にはホルモンとも密接な関係になっています。

女性の場合ホルモンが乱れやすい生理前は便秘になりがちな性質が多く見られます。

女性の体には男性と違って排卵の準備をするホルモンが出されます。

肺胞ホルモンを分泌して排卵の準備を整え、排卵した後は妊娠するためにプロゲステロンというホルモンが分泌されるように女性の体は作られています。

 

実は、妊娠のために出されるプロゲステロンというのが便秘になってしまう原因なのです。

このホルモンは水分などを体内に溜め込み、子宮を守ろうと防衛反応を働きます。

自然と体内は水分不足に陥ってしまい、便秘を引き起こしてしまうのです。

ちなみに、生理前は便秘になりがちなだけではなく体のむくみや太りやすくなる時期でもあるので、体のケアはいつもより慎重に行わなければなりません。

 

腸内環境が悪いことでも便秘になる

実は、腸内環境が乱れるから便秘にもなりますし、便秘を引き起こすから腸内環境が乱れることもあるのです。

どちらが先とは一概には何とも言えません。

しかし、人間は生まれつき便秘を持っている人はいません。

そのように考えると、やはり腸内環境が乱れるから便秘を引き起こしてしまうということになるのでしょうか。

腸内に存在している善玉菌の数よりも悪玉菌の数が多くなると、腸のぜん動運動が低下してしまい、便秘を引き起こしてしまいます。

また、ガスや老廃物などもうまく排出することができなくなってしまうので、お腹の張りを感じることもあります。

 

薬の影響や副作用で起こる便秘

多くの方があらゆる病気で悩まされていて、処方された薬を飲んでいますが、実はその便秘、その薬が原因かもしれません。

病気を治すために飲んでいる薬が副作を起こし、便秘を引き起こしているのかもしれません。

一般的に便秘の原因となってしまう薬としては、抗うつ薬、抗コリン薬が挙げられています。

薬によってはただの風邪薬も腸の活動を邪魔してしまう成分が配合されているものもあるので、場合によっては下剤が一緒に処方されることもあります。

しかし、自分で勝手に判断して薬を飲むよりも、専門医に相談して薬を処方してもらう方が副作用が少ないので、必ず病院に行くようにしましょう。

 

まとめ

今回は便秘をして起こしてしまう原因について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

便秘にも多くの原因があることをご理解いただけましたでしょうか?

便秘はその種類に合った対処法をしないと改善することができません。

上記でいくつかの原因を挙げていきましたので、自分に当てはまる種類の便秘はどれなのか確認しておきましょう。

自分の便秘を確認したらその便秘に合った対処法を行い、効率よく便秘を改善していきましょうね!

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば幸いです。

 

*痩せ菌サプリランキングをチェックしてみよう!

レビュー
痩せ菌サプリでダイエット♡本当に効く口コミおすすめサプリランキングTOP6

ダイエットを何回挑戦しても、なかなか効果を実感することができなかったり、辛い食事制限や過度な運動が辛かったりなど、挫折し ...

続きを見る

-便秘

Copyright© 【大暴露】くろしろが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.