炭チャコールサプリ「くろしろ」ダイエットで痩せる効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】くろしろが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

便秘

便秘が辛いけど下剤は使いたくない!翌朝に効く即効アプローチ3つとは?スムーズな排便を手軽に

更新日:

便秘なんて多くの人が悩んでいるものだから、そんなに大きな問題では無いだろうと思っている人もいらっしゃることでしょう。

しかし、たかが便秘でも、されど便秘です。

自分の意思とは関係なく、何日も便がお腹の中に溜まってしまうのですから辛いものでしょう。

 

「お腹だけじゃなくて、肩も凝るから辛い」

 

「便秘なのに頭まで痛くなってしまう」

 

「お腹が張っているから食べ物がおいしいと感じないし、食欲もあまり湧いてこない」

 

など、便秘で悩んでいる人ならこのような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

 

「便が溜まる=老廃物が溜まる」

 

ということなので、毒素が体の中に何日もいることになってしまうのです。

体にも心にも負担をかけてしまう便秘は、簡単な問題ではありません。

 

そのように何日も続く辛い便秘で悩んでいる人のために、今回は次の日の朝に効くアプローチ方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

明日にでも解決したい!でも便秘薬は、ちょっと待って

何日も続く便秘ですから、一刻も早く便を出したいという人もいるでしょう。

しかし、便秘から抜け出したいからと言って、市販で販売されている便秘薬に手を出そうとしている人はいませんか?

でも、それはちょっと待ってください!

確かに、便秘薬を使用することで便を出すことはできるかもしれませんが、それがかえって便秘を悪化させてしまうこともあるのです。

 

「便秘改善のために飲む薬が、どうして逆に症状を悪化させてしまうの?」

 

と、思う人も多いことでしょう。

しかし、その答えは人間の体の消化機能に隠されているのです。

次に、なぜ便秘薬が便秘を悪化させてしまうのか説明していきます。

 

スムーズな消化・排便のしくみ

人間の体には一本の大きな消化管と呼ばれる管が通っています。

消化管は摂取したものが消化され、体内に吸収されて排出される、口から肛門までの道になります。

私たちが食べたものは、口→食道→ 胃→小腸→大腸の順番で体の中を移動していきます。

まず、私たちは口から食物を摂取します。

その食べ物が食道を通って胃に到達します。

胃酸が強く働きかけることで、栄養を吸収しやすい液状のものに変えられます。

 

そしてそれが小腸へと降りていくのです。

小腸はその液状のものからほとんどの栄養素を吸収して、吸収されなかったものは大腸へと通されます。

大腸では水分が吸収され、外部へ排出する便に形を変えて肛門に到達するのです。

この時、何かの問題が生じて便が大腸内にとどまってしまうことがあります。

その体内に残された便は大腸に何度も水分を吸収されてしまい、どんどん硬くなってしまうのです。

硬くなってしまった便は、水分がないので、すーっと肛門を通り抜けることができず、溜まってしまいます。

これが便秘と言われています。

 

厄介なことに、有害物質を体に取り込んでしまう特徴が便秘にはあるのです。

便は排出されなかった老廃物や有害な物質が固まったものです。

大腸は便から水分を吸収するのですが、老廃物や有害な物質の塊という事は、それらの物質を体の中に吸収しているということになるのです。

体の中で栄養と老廃物に分別され、一度排出しようとしていた余分なものを、大腸から再び吸収してしまうのが便秘なのです。

 

便秘薬が便秘を悪化させるのはどんな場合か

大腸にある程度の便が溜まってくると、脳に便意を促すように信号が送られます。

脳がこの信号を受けると、腸や肛門に動くよう指示を出して排便するというのが人間の体の仕組みになっています。

市販で販売されている便秘薬や下剤は、この人間の仕組みを利用して、人工的に脳に刺激を送ることで便意を促してくれるのです。

何日も便が出なくてどうしても辛いときなど、飲んではいけないというわけではないので、たまにでしたら何でも大丈夫です。

 

しかし、便秘薬を飲むことで便を出すことができるからといって、日常的に飲むのはあまりよろしくありません

人間の体の仕組みとして、同じような刺激にだんだんと耐性がつくようになっています。

腸の動きが鈍っているときに便秘薬や下剤の薬に頼りっぱなしになってしまうと、使い続けるうちに人工的な刺激に慣れていってしまうのです。

その結果、どんどん腸の動きが鈍くなっていき、逆に脳が求める刺激は強くなってしまい、悪循環になってしまうのです。

 

一度や二度使う分には特に問題は無いのですが、繰り返し何度も薬を飲んでしまうと内臓を傷つけてしまう可能性があります。

極力便秘薬や下剤を使うことなく、体本来の力で便秘を改善できるようにしましょう。

 

そうは言っても、明日にでも出したい!そんな時の対処とは?

何日も便がでないのは本当に辛いですよね。

自分も薬に頼りたくはないと思っているけれども、この辛さから早く抜け出したいと、薬を飲んでしまう人も多いことでしょう。

そのような人に便秘に即効でアプローチできる方法をご紹介していきますので、ぜひ試してみてください。

どれも簡単なアプローチ方法ですが、やりやすいものから順番に試してみると良いでしょう。

 

アプローチ1:まずはここから!便秘に速く効く食事

便秘改善に効果を発揮してくれるも 食べ物はたくさんあります。

その中でも効力の高いものは、

 

  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • オリゴ糖
  • 食物繊維
  • 水分

 

です。

それではこれらの成分にどのような働きがあるのか、どの食べ物に含まれているのかをまとめてみましたのでご覧ください。

 

乳酸菌・ビフィズス菌

善玉菌の一種として言われているのが乳酸菌とビフィズス菌です。

これらの善玉菌が体調で活発に働いていることで、腸内環境を整えることができるのです。

腸壁を動かして便を押し出してくれる運動のことをぜん動運動と言うのですが、善玉菌にはこの運動を活発にしてくれる働きがあります。

ビフィズス菌にはビタミンB群や葉酸などを作る働きがあります。

そして、この働きを手助けしてくれるのは乳酸菌なのです。

 

乳酸菌とビフィズス菌はお互いに腸の中で助け合いながら働き、不足している部分を補い合っているからこそ便秘を解消してくれるのです。

腸内環境も整えてくれるだけではなく、腸内を清潔に保ってくれます

そんな効果を発揮してくれる乳酸菌とビフィズス菌ですが、どのような食品に含まれているのでしょうか?

それではどの食品に含まれているのか見てみましょう。

 

  • ヨーグルト
  • みそ
  • チーズ
  • 漬物
  • キムチ

 

など、これらの食品に豊富に乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。

基本的に発酵食品に含まれていることが多いです。

何日も便が出なくて辛いという人は、ヨーグルトや味噌汁を意識した食事をすると良いでしょう。

 

食物繊維

便秘解消には食物繊維を多く摂取すると良いと多くのメディアでも紹介されていますね。

食物繊維には2つの種類があることを皆さんご存知でしたでしょうか?

その2つとは、

 

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

 

です。

 

次にこの2種類の食物繊維について詳しく説明していきますので、ぜひご覧ください。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

では、この2種類の食物繊維はどのような働きがあるのでしょうか?

 

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維は水に溶ける性質を持っています。

ゲル状になるので、有害物質や老廃物を一緒に巻き込み、コレステロールを吸着して体の外へ出してくれます。

腸の中をお掃除してくれる役割があるので、腸内環境を整えるのに最適です。

 

不溶性食物繊維とは

水に溶けるのではなく、自ら水を吸収する食物繊維です。

水分を吸収して大きく膨らみ、その膨らみで腸壁や腸管を刺激していきます。

その働きのおかげで腸のぜん動運動や便意を促進させてくれる効果があるのです。

 

また、この不溶性食物繊維は満腹中枢を刺激してくれる役割もあるので、自然と食べ過ぎを抑えることができます。

上記で説明した通り、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はそれぞれが大事な役割を担っているので、便秘を改善するためにはこの2種類をバランスよく摂取することで絶大な効果を得ることができます。

では、どのような食品にこれらの食物繊維が含まれているのでしょうか?

 

  • 寒天
  • オクラ
  • こんにゃく
  • 納豆
  • きのこ類
  • アボカド
  • 海藻類

 

など、このような食品に水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

次に、不溶性食物繊維が含まれている食品を見ていきましょう。

 

  • 切り干し大根
  • たけのこ
  • ゴボウ
  • トウモロコシ
  • ブロッコリー
  • 玄米
  • 豆類
  • 芋類
  • きのこ類

 

など、このような食品に多く含まれています。

上記でご紹介したこれらの食品をうまく組み合わせて毎日の食事に取り入れることで、便秘を改善することができます。

 

オリゴ糖

先ほど乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の1種とお伝えしましたが、このオリゴ糖はそれらの善玉菌の餌となります。

善玉菌が腸内で活発に働くためのエネルギーとして活躍してくれるので、オリゴ糖も重要な成分となっています。

また、オリゴ糖は砂糖などと比べると圧倒的にカロリーが低いので、ダイエットにも効果を発揮してくれます。

商品としてオリゴ糖が販売されていることもありますが、身近な食材にも豊富にオリゴ糖が含まれているので、そちらも積極的に摂取すると良いでしょう。

では、どのような食べ物にオリゴ糖が豊富に含まれているのか見ていきましょう。

 

  • キャベツ
  • ジャガイモ
  • アスパラガス
  • 玉ねぎ
  • ゴボウ
  • 大豆製品

 

など、これらの食べ物にオリゴ糖が豊富に含まれています。

大豆製品なので、豆腐やお味噌などの食品にも含まれています。

毎日の食生活に積極的に取り入れてみると良いでしょう。

便秘がひどい時は豆腐のお味噌汁を飲むと、スムーズに便を排出することができるかもしれません。

また、食品からオリゴ糖を摂取するのが難しい場合は、市販で販売されている粉末のオリゴ糖を摂取すると良いですよ。

 

総合力を求めるなら……手軽なバナナ!

バナナは便秘に絶大な効果を発揮してくれるのですが、皆さんはそれをご存知でしたでしょうか?

バナナの中には食物繊維やフラクトオリゴ糖、レジスタントスターチなど腸を整える作用や、便秘解消に効果のある成分が豊富に含まれているんですよ。

比較的価格も安いので、手頃に手に入れられて美味しく食べられるというのは魅力的ですね。

 

食物繊維

上記でもお伝えしていきましたが、便秘を解消するためには食物繊維はとても重要な成分です。

バナナの中には豊富に食物繊維が含まれているので、効率よく摂取することができます。

果物の中でもバナナは、含まれている食物繊維の量がダントツなんですよ!

 

レジスタントスターチ

この成分の名前を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?

この成分も便秘解消に大きな効果を発揮してくれる重要なものなんですよ。

レジスタントスターチはでんぷん質の1種で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の性質を持っているんですよ!

バナナを食べるだけで2種類の食物繊維を摂取することができるのはありがたいですね。

 

フラクトオリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌の餌となるので、腸内のビフィズス菌や善玉菌を増やしてくれます。

腸内環境を整えてくれる働きがあるので、便秘解消に絶大な効果を発揮してくれます。

善玉菌は一度悪玉菌に侵食されてしまうと、もう自然には増やすことができないのです。

侵食された善玉菌を補うためにも、バナナを食べて善玉菌をどんどん増やしてあげましょう。

便秘を改善したいというのであれば、バナナは熟したものではなく青いものを選ぶとより高い効果を得ることができます。

青いバナナにはレジスタントスターチが豊富に含まれているので、あえてこの種類を選ぶとよいですよ!

 

便秘改善の効果があるとしてたくさんの食品をご紹介しましたが、これらを毎日の食生活で積極的に取り入れることで便秘を解消することができます。

ご紹介した食品の種類が多いので毎日飽きることなく食べ続けられそうですね。

食べる際にはよく噛んで、ゆっくりと食事をするようにしましょう。

咀嚼回数を増やすことで満腹中枢を刺激することができますし、胃腸への負担を減らすことができるので倍以上の効果を実感することができますよ。

 

アプローチ2:カンタン!「つま先立ち」5分間で腸を動かす

食事で腸内環境を整えたら、次は体を動かして腸に刺激を与えてあげましょう。

ストレッチや筋トレなどをしてお腹に刺激を与えるのも良いのですが、今回は簡単にできて、なおかつ、効果抜群の方法をご紹介していきます!

 

その方法とは、ズバリ

 

「つま先立ち」

 

です。

 

「つま先立ちをするだけで本当に便秘を改善することができるの?」

 

と、思う人も多いことでしょう。

しかし、実際にやってみると驚くほど効果を実感することができるので、ぜひ試してみてください。

 

つま先立ち便秘解消法の、効果的なやり方とコツ

つま先立ちをするだけなので、難しい事は何一つありません。

固い床の上に裸足か靴下を履いて、ゆっくりかかとを上げてつま先立ちになりましょう。

この時、柔らかい床ですとバランスが取れなくて危ないので、硬い床の上で行うようにしましょう。

ポイントは姿勢をまっすぐに伸ばして腹筋に力を入れたままつま先立ちをすることです。

歩いたりせず、その場で5分間姿勢をキープしましょう。

 

最初は壁や椅子の背に手をついてつま先立ちをしても大丈夫です。

目安として5分とお伝えしましたが、無理せず限界だと思ったらもうかかとをおろしてしまっても大丈夫です。

きついと感じたら一度休憩を挟みましょう。

実際にやってみるとわかることなのですが、意外にもふくらはぎの筋肉がすぐに震えてきます。

普段いかにふくらはぎの筋肉を使っていないか、実感させられますよ!

 

即効性も折り紙付き!つま先立ちはなぜ効くの?

普段の生活でも多くの筋肉が使われているのですが、意外とその数は少ないです。

特にデスクワークをしている人などは、下半身を使うことがないので、その周りの筋肉が衰えがちになってしまいます。

また、立ちっぱなしの仕事でも足の筋肉が緊張している状態が続けば、その血行を悪くしてしまう可能性があります。

美容業界や健康業界でもふくらはぎは第二の心臓として大切に扱われています。

このように呼ばれるようになったきっかけとはなんだのでしょうか?

なぜならふくらはぎには、血液やリンパをポンプのように循環させてくれる働きがあるからなのです。

 

つま先立ちをすることで普段あまり使われず固まってしまったふくらはぎを、復活させることができます。

血流の流れが良くなり、基礎代謝や体温を上げることができるので、腸の働きを活発にさせることができます。

このつま先立ちは、早い人ですぐに効果が現れると言われています。

毎日継続しなければいけないというわけではないので、誰もが実行に移しやすいことでしょう。

もちろん個人差はあるのですが、十分に試してみる価値があるのではないでしょうか?

また、毎日の習慣につま先立ちを取り入れることで、便秘をひき起こしにくい体になりますよ。

テレビを見ながら、家事をしながらなどちょっとした隙間時間ですることができるので、ぜひ一度試してみてくださいね!

 

アプローチ3:意外と大事!水分補給とその効果的な飲み方

ついつい見落とされがちな便秘の原因が水分不足です。

毎朝スッキリと便を出すためには1日1.5〜2リットルの水分が必要だと、テレビや雑誌でも取り上げられています。

しかし、実際にこれだけの水分を摂取するとなると、意外ときついのです。

ですので、水分不足になっている人も結構多いのです。

水をたくさん飲むことで便秘解消につながるのですが、これだけの量のお水を飲むのは大変ですよね。

そこで次に水の飲み方やちょっとした工夫をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

便秘解消の効果をさらに高めることができるので、オススメですよ!

 

コツ1:起床したらすぐに飲む

実は、寝ている間でも汗をかくので大量の水分を失ってしまうのです。

目が覚めたときは、皆さんの体はカラカラに乾いた状態になっています。

水分を補ってあげるためにも、起床したらすぐにコップ一杯分の水を飲むようにしましょう。

水分を摂取することで腸が目覚め、夜に食べた物を便として排出しようと活発に働いてくれます。

水を飲むことで目も覚めるので、一石二鳥ですね!

この時ポイントなのは、常温かぬるめのお水やお湯を飲むことです。

冷たい水や熱いお湯を飲んでしまうと、逆に腸に刺激を与えてしまい、傷つけてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

 

コツ2:こまめに水分補給する

1日に必要だとされている水分の量は多いですが、実は人間の体はそれを一気に吸収できるわけでは無いのです。

吸収することのできなかった水分は、尿や汗として体の外へ排出されてしまうのです。

摂取した水分をしっかり腸に届け、便秘を改善するためにはこまめに水を飲まないといけません。

ポイントとしては、喉が渇くをちょっと前に水分を摂取すると良いでしょう。

こまめに少しずつ水分を補給することで、しっかり水分が吸収されます。

その結果、血行の流れが促進され、体温も上げることができ、腸も活発に働くようになるのです。

 

コツ3:食物繊維を摂るときは、水も多めに飲む

上記で食物繊維には2種類のものがあると説明しましたが、不溶性食物繊維は大量の水を吸収して膨らむ性質があります。

腸内で水分が不足してしまうと、便が硬くなってしまい、うまく便を排出することができなくなるのです。

食物繊維は便秘の解消に絶大な効果を発揮してくれるのですが、同時に水分をしっかり補ってあげないとその効果を実感することができません

大量の水で膨らんだ食物繊維が、腸壁を刺激してくれるのでスムーズに排便をすることができるんですよ!

 

コツ4:「水分補給に適さない」水分もある?

同じ水分補給でもコーヒーやお茶で水分を補うのはあまり良くありません

それらにはカフェインなどが豊富に含まれているのですが、カフェインは利尿作用が強く、せっかく水分を摂取しても尿として排出してしまうのです。

便秘改善のために効果的に働いてくれるのは、

 

  • 炭酸水
  • ぬるま湯
  • 常温の水
  • 牛乳
  • カフェインが入っていない麦茶
  • ハーブティ

 

などを積極的に摂取すると良いでしょう。

特に、炭酸水に含まれている気泡は、消化器官を刺激する働きがあるので便意を促すとされているのです。

近くのコンビニやスーパーなどでも炭酸水がたくさん販売されているので、積極的に摂取すると良いでしょう。

しかし、炭酸水の中にも豊富に糖分が含まれているものもあるので、それらはあまり飲み過ぎないようにしましょう。

できれば、無糖のものを選ぶと良いです。

 

まとめ

今回は便秘を改善するためのストレッチや、必要な栄養素などをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

どれも簡単なストレッチばかりなので、ぜひ毎日の生活習慣に取り入れてみてくださいね!

ストレッチだけではなく食事や飲み物でも腸に刺激を与えてあげることで、便秘を改善することができるでしょう。

便秘を改善する効果のある食べ物や飲料は種類豊富にあるので、飽きることなく毎日続けやすいと思いますよ!

便秘を改善して、毎朝のスッキリ感を味わいましょう!

今回の記事が皆さんのお役に立っていれば、幸いです。

 

*痩せ菌サプリランキングをチェックしてみよう!

レビュー
痩せ菌サプリでダイエット♡本当に効く口コミおすすめサプリランキングTOP6

ダイエットを何回挑戦しても、なかなか効果を実感することができなかったり、辛い食事制限や過度な運動が辛かったりなど、挫折し ...

続きを見る

-便秘

Copyright© 【大暴露】くろしろが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.