炭チャコールサプリ「くろしろ」ダイエットで痩せる効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判の真相に迫ります!

【大暴露】くろしろが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

便秘

毎日排便できていても便秘!?ウサギ便に要注意!症状を招いているNG対策とは?正しい改善法で解決しよう

更新日:

毎日のお通じに悩みを抱いている人も多いのではないでしょうか?

皆さんは排便をするときに、どのような形のものが出ていますか?

丸くて硬いもの?

コロコロしたもの?

 

「そんな便の形をしてるけど、でもちゃんと毎日出てるから問題ないでしょ」

 

実は、ウサギの糞のようなそのコロコロ便は、実は重度の便秘なんですよ!

ウサギの糞のような便を硬便といいます。

このような硬便が出るという事は、お腹の機能が低下してしまっている証拠なのです。

これらを見て見ぬふりをし続けていると、悪玉菌が繁殖したり、痔になったり、便秘や下痢を繰り返したりなど、様々な悪影響を招いてしまう危険性があるんです。

今回は、そのような硬便を改善して、理想の形の便が出るような方法をご紹介していきますので、ぜひ試してみてください!

 

放置はダメ!重度の便秘「コロコロ便」

先ほどコロコロ便を硬便をお伝えしましたが、医学的には兎糞と呼ばれています。

字に書いてある通り、ウサギの糞に似ていることからこのように呼ばれることになりました。

 

コロコロと丸い形をしていて、石ころのように固いという特徴を持っています。

また、排出をする際に痛みを伴うことがあるのも、この兎糞の特徴です。

このような経験をした人や、心当たりがある人も多いことでしょう。

 

出ているのに「便秘」?コロコロ便ができるワケ

コロコロ便でもちゃんと排便をしているからといって、安心している人はいませんか?

しかし、なぜこのような形になってしまうのか、この理由を知ると、コロコロ便が立派な便秘なのだと理解することができます。

腸内環境が整っていると、排泄される便も理想的な状態をしていることになります。

では、理想の便とはどのようなものなのでしょうか

 

  • 約7割、 8割が水分でできている
  • 柔らかい
  • 形がバナナのようなもの

 

一般的にこのような特徴を持っている便が理想的な便だと言われています。

しかし、便に含まれている水分の割合が6割を下回ってしまうと、便が小さかったり、固かったり、丸かったりなどのコロコロ便になってしまうのです。

なぜ、そのような形の便が出てしまうのでしょうか?

ほとんどの場合何らかの問題によってこのような形になってしまうようです。

体に起こったその問題で便が小さくちぎれてしまったり、長時間便が腸内にとどまってしまったりなどという現象が起こってしまうのです。

便が小さくちぎれてしまうと理想の状態の便より水分が失われやすく、腸内に便がとどまる時間が長いと腸壁に余計に水分を吸収されてしまうのです。

水分を失われてしまった便が、コロコロと硬くなってしまうのです。

これが、コロコロ便ができてしまう過程になります。

 

コロコロ便を放置すると、恐ろしい事態にも

コロコロ便は放置していても、なかなか改善することはできません。

むしろ逆に、体に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

 

コンクリ並の硬さに変質、激痛を伴う

上記で排便をする際に痛みが伴うものだと説明していきましたが、ひどいときにはコンクリートと同じくらいの硬さにもなるんですよ。

腸管はとても細いため、その固い便が無理矢理腸管を通って排泄されるので激痛を伴ってしまうのです。

 

腸壁を傷つける

硬くて、まるで小石のような便ですが痛みを伴うだけでは無いのです。

なんとこのコロコロ便には、腸壁などの内臓を傷つけてしまう危険性もとても高いんですよ。

 

痔になりやすい

さらには痔になってしまう可能性も高く、コロコロ便を改善しないと、とても辛い痔が慢性化してしまう可能性もあるんですよ!

 

下痢と便秘を繰り返しやすくなる

腸内環境が乱れているせいでコロコロ便ができてしまうのです。

これを放置しておくと、過敏性腸症候群などの病気を引き起こしてしまうかもしれません。

下痢や便秘を繰り返し、お腹の不調が続いてしまうのです。

 

毒素がどんどん身体に溜まる

コロコロ便は腸内に長く留まる性質を持っています。

腸壁にこびりついてしまうと、水分だけではなく毒素やガスなど排出しなければいけないものまで一緒に吸収してしまうんですよ。

せっかく体の中で毒素が分別され、体の中から出て行けとまとめたものを、コロコロ便のせいでふたたび体内に戻してしまうんですよ。

再び体内に戻っされた毒素やガスが、体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

  • 頭痛
  • めまい
  • だるさ
  • 吐き気
  • むくみ
  • 血色の悪さ
  • 肌トラブル
  • 免疫力の低下

 

など、美容面だけではなく健康面にも多大なるダメージを与えてしまうのです。

 

「よかれと思ってしたことが…」コロコロ便を引き起こす原因

コロコロ便を放置してしまうと、様々な問題が起こってしまうことをお分かりいただけましたでしょうか?

次に、なぜコロコロ便になってしまうのか、その原因を説明していきますのでぜひご覧ください。

 

原因1:水分不足

1番に挙げられる原因は水分不足です。

体内の水分が不足してしまうと、便を作り出すために必要な水分も不足してしまうのです。

特に秋や冬などの季節は喉が渇くことがあまりないので、水分を摂取する機会が減ってしまいます。

日常生活でも意識してこまめに水分を摂取するようにしましょう。

 

原因2:油不足

体重を落とすためと、油を摂取するのを控えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、あまりにも摂取する油分が少ないと、逆に便秘を招いてしまう原因になるんですよ。

油分には便を柔らかくし、細い腸管の中をスムーズに排出させるための役割を担っています。

いわば、潤滑油のようなものでしょう。

油分があまりにも少ないと、便がなかなか腸管まで行くことができず、腸内にどんどん蓄積されていってしまうのです。

 

原因3:不溶性食物繊維のとり過ぎ

便秘解消には食物繊維を積極的に摂取すると良いと、たくさんのメディアで取り上げられていますが、食物繊維をとりすぎてしまうと逆に便秘を招いてしまうことを皆さんはご存知でしたでしょうか?

 

「せっかく毎日食物繊維を摂取していたのに、逆に便秘になるなんてそんなことあるの?!」

 

と、ショックを受けてしまった人も多くいる事でしょう。

しかし、食物繊維に問題があるのではなく、その摂取の仕方に問題があるのです。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があるのですが、それぞれ体に重要な効果を発揮してくれます。

 

水溶性食物繊維

字の通り水溶性食物繊維には水に溶ける性質があります。

ドロドロのゲル状に変化して脂質や老廃物などを巻き込んで、排出してくれます。

この働きのおかげで柔らかい便を作ることができ、排出をスムーズに促すことができるのです。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は水分を吸収してくれる働きがあるので、水溶性食物繊維とはまったくの別物になります。

不溶性食物繊維は水分を吸収することで膨張します。

膨張した食物繊維が腸壁に働きかけるよう促してくれるので、腸のぜん動運動を促進することができるのです。

このように働きかけてくれるおかげで排便をスムーズにすることが出来るのです。

コロコロ便が出るという人は、水分を吸収する性質を持っている不溶性食物繊維を摂りすぎているのかもしれません。

食物繊維は便秘解消に絶大な効果を発揮してくれるのですが、この2種類の食物繊維をバランスよく摂らなければその効果を実感することができないのです。

2種類の食物繊維が偏っていないか確認しながら摂取することで、排便を促すことができますよ。

 

原因4:悪玉菌の増加

腸内の中の悪玉菌が増加して、腸内環境が乱れている時もコロコロ便が出やすいです。

腸内の中に善玉菌よりも悪玉菌の割合が増えてしまうと、

 

  • 善玉菌が減ることで腸のぜん動運動を低下させてしまう
  • 腸内がどんどん腐敗していってしまう
  • 硬く、臭い便に変質させてしまう

 

などのような、悪い症状を引き起こしてしまいます。

コロコロ便を改善するためには、腸内の中の善玉菌の割合を増やして、腸内環境を整えなければなりません

 

原因5:運動不足

快便を促すために、運動はとても重要なものです。

特に、腹筋が弱っていたり、歩く機会が少なかったり、デスクワークで猫背気味の人は積極的に運動してほしいです。

これらの状態になってしまうと、胃腸に十分な刺激を与えることができないので、腸の動きをどんどん低下させていってしまう可能性があるのです。

もちろん、だからといって急に過激な運動を始めると言っているわけではありません。

どんなにささやかなものでも毎日こまめに続けることが大切なのです。

いつもより一駅分多く歩いたり、エレベーターを使用せず階段で歩いたりなど、ちょっとした動く機会を少しずつ作るようにしてみると良いかもしれませんね。

 

原因6:ストレス

自律神経には腸内 の運動を司る役割があります。

しかし、ストレス抱えてしまうと自立神経が乱されてしまいます

自律神経が乱れてしまうことで腸内環境も一緒に乱れてしまうので、便秘の原因になってしまうのです。

自律神経が正常に働いているときは、ちょうどいい長さで便がカットされ、理想の形になって排出されていきます。

しかし、少しでもこの働きが乱れてしまうと、便が小刻みにちぎられてしまい、小さくてコロコロ便に変化していってしまうのです。

 

また、下痢もストレスが原因で引き起こされやすいのですが、実はこれもコロコロ便の原因の1つとなっているのです。

下痢は不要なものだけではなくて体の中に必要な水分や食物繊維まで大量に排出してしまいます。

体内に残された便に水分が不足してしまうので、コロコロ便になってしまうのです。

 

原因7:睡眠不足

快便になるためには睡眠も十分にとらないといけません。

夜の眠っている間に胃の中で食べたものを消化して、便を作る作業が行われているのです。

睡眠不足になってしまうと、これらの作業がきちんと終わらないまま朝を迎えてしまうことになるのです。

いわば、仕事終わらないうちに家に帰って、次の日出勤して、その残った仕事を見てため息をつくような感じですね。

消化不良を引き起こしてしまうと、腸内の中に悪玉菌が増加したり、腸内が腐敗してしまったり、下痢の症状を引き起こしてしまったりなど、体に悪影響しか与えません。

これらが原因でコロコロ便になってしまうのです。

毎日の習慣の積み重ねがコロコロ便を招いてしまっているんですよ!

 

上記でたくさんの原因を説明していきましたが、日常のちょっとした習慣がコロコロ便を作る原因となってしまっています。

コロコロ便を改善するためには決して大きな変化は必要ないのです。

小さな改善でも毎日続けることで、コロコロ便を解消することができるんですよ!

 

超簡単!コロコロ便解消の秘策

コロコロ便を改善して理想の形の便にしていくには、何も難しい事はありません。

ちょっとした工夫を心がけることで、健康的な便を排出することができるんですよ!

 

秘策1:スープや味噌汁で水分をとる

一般的に成人女性が1日に摂らなければいけない水分の目安は1.5リットルだと言われています。

しかしに、むやみに水分を摂取すれば良いというわけではありません。

便秘を改善するための水分の飲み方には、きちんとコツがあるのです。

水分を摂取しても、その水分を吸収する量には限りがあります。

一定量を超えてしまうと、せっかく水分を摂取してもそのまま尿として外に排出されてしまうのです。

そうならないためにも、少しずつこまめに水分を摂ることが重要になってきます。

 

しかし、こまめに分けてしまうと飲むのをうっかり忘れてしまいそうになりますよね。

そこで、オススメなのは食事に一品加えることです。

味噌汁やスープなど食事に汁物を増やすことで、水分を効率よく摂取することができるんですよ。

作る必要がなく、インスタントでもいいので1日3食全てに汁物を加えるようにしましょう。

味噌汁やスープは濃度が高く、固形のものを含んでいるので途中で吸収されることなく水分を腸まで届けることができるのです。

スムーズに排便を促すために、とても効率よく水分を摂取することができるんですよ!

さらに効果を上げる方法は、なるべく温かいものを飲むことです。

温かいものを意識して飲むことで、血流が促進されて水分の吸収率もアップするんですよ。

 

秘策2:水溶性食物繊維を積極的に摂ろう!

上記で水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取しなければいけないということを説明していきました。

一般的に理想のバランスとして言われているは水溶性食物繊維が3割で不溶性食物繊維が7割です。

毎日の食生活に食物繊維を取り入れる場合は、これらのバランスを意識して摂取することでより良い効果を得ることができますよ。

コロコロ便を解消するために食物繊維を摂取していきたいところですが、どのような食べ物に含まれているのでしょうか?

まずは水溶性食物繊維から見ていきましょう。

 

  • 海藻類
  • こんにゃく
  • 果物
  • ところてん

 

などの食品に、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

次に不溶性食物繊維が多く含まれている食品を見ていきましょう。

 

  • ゴボウ
  • 大豆類
  • 芋類
  • 穀物
  • きのこ類

 

などの食品に、不溶性食物繊維が多く含まれています。

どちらも不足することなく、バランスよく摂取することでコロコロ便を改善することができますよ。

 

秘策3:普段の料理にオリーブオイルを加えてみる

オリーブオイルには体内で不足している油分を補ってくれる働きがあります。

オレイン酸という成分がオリーブオイルには含まれているのですが、この成分が腸に働きかけてくれるため、腸のぜん動運動を促し、排便をスムースにしてくれるのです。

それだけではなく、悪玉コレステロールを減らしてくれたり、動脈硬化を予防してくれたりなど様々なメリットを与えてくれます。

比較的さっぱりとした味なので、料理の邪魔をすることなく使いやすいのも魅力的です。

多くのメディアでもオリーブオイルは健康に良いと取り上げられていますね。

オリーブオイルの効果を得るためにも、毎日の食事に積極的に使用すると良いでしょう。

しかし、ここでも注意点がいくつかあります。

 

  • オリーブオイルの中でもエキストラバージンオイルを選びましょう
  •  1日あたりスプーン一杯程度で充分
  • 朝に摂取すると効果倍増

 

これらの注意点に気をつけながら、日々の食生活にうまく取り入れてみましょう。

 

秘策4:善玉菌を増やす食品を食べる

コロコロ便ができてしまう原因は悪玉菌です。

悪玉菌に負けないように腸内の善玉菌の割合を増やしていかなければなりません。

 

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 漬物
  • みそ
  • 納豆

 

など、発酵食品に主に善玉菌が多く含まれているので、これらを積極的に摂取すると良いでしょう。

また、オリゴ糖は善玉菌の餌となり、効率よく善玉菌を増やしてくれるのでこちらも摂取すると良いでしょう。

オリゴ糖は普通の砂糖と比べてカロリーが低いので、摂取しやすいというのも魅力的です。

上記でおすすめした食材を積極的に食べるように意識することで、コロコロ便を改善することができますよ!

 

秘策5:腹筋を鍛える

実は、運動不足もコロコロ便になってしまう原因なんですよ。

自分は運動不足だと自覚している人は、毎朝10回だけでも腹筋をしてみてはいかがでしょうか?

10回だけですと負担も少ないので、気軽に始めやすいですよ。

また、運動にはウォーキングも効率的です。

歩くという行為はリズム運動になるので、筋肉の刺激になるだけではなく自律神経を整えてくれる効果もあります。

ぜん動運動も促進させてくれるので、とてもオススメですよ!

 

いつもより一駅多く歩いたり、エレベーターを使わずに階段を使ったりと、それだけでもお通じは大きく改善してくれます。

効果を上げるために、運動を始める前にコップ一杯の白湯を飲んでから行うと便秘解消に大きな効果をもたらしてくれますよ!

運動不足だと自覚している方は簡単な運動で良いので、毎日少しずつ続けていくことが大切です。

 

秘策6:朝の決まった時間にトイレに行こう

1日の間にトイレタイムを作るようにしましょう。

この時間は便が出ても出なくても良いので、とりあえず決まった時間をゆっくりトイレで過ごす時間になります。

時間帯としてはできれば、朝の起きてから出かけるまでの間に設けると良いでしょう。

その間に時間を決めて5分から10分ほどトイレに座ってゆっくりくつろいでみましょう。

もちろん、トイレに新聞や雑誌、スマホなどを持ち込んでも大丈夫です。

 

この時間は排便の習慣を脳にすりこむという大切なものです。

フランスでは小児科医が子供の排便習慣づくりのために、トイレタイムを設けることを勧めることが多いようですよ!

気分転換がてらに、トイレで過ごすのんびりタイムを楽しんでみませんか?

 

秘策7:便秘薬は、便を柔らかくするタイプを選ぶ

しかし、何を試してもどうしても便秘を改善することができない場合は、便秘薬に頼るのも良いでしょう。

この時、便秘薬を選ぶポイントとしては便を柔らかくするタイプのものを選ぶことです。

便秘薬には腸を刺激して動かすタイプのものもたくさん販売されていますが、普通の便秘には効果を発揮してくれるかもしれませんが、コロコロ便には逆効果になってしまうのです。

コロコロ便はすでに固まって腸内に存在しているものなので、腸が動いてもなかなか排出されないのです。

コロコロ便をスッキリさせたい場合は、便に水分を与えてくれて、柔らかくさせる効果のあるタイプの便秘薬を選ぶことで、効果的に便を出すことができます。

 

まとめ

今回はコロコロ便を改善するための方法をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

便が出ない便秘もつらいですが、排泄するときに痛みを伴うコロコロ便もつらいものです。

コロコロ便をすっきりと排出して、体の老廃物や有害な物質を溜め込まないようにしましょう!

便秘を改善する方法もいくつかご紹介しましたので、毎日の生活習慣にぜひ取り入れてみてくださいね!

今回の記事が、みなさんのお役に立っていれば幸いです。

 

*痩せ菌サプリランキングをチェックしてみよう!

レビュー
痩せ菌サプリでダイエット♡本当に効く口コミおすすめサプリランキングTOP6

ダイエットを何回挑戦しても、なかなか効果を実感することができなかったり、辛い食事制限や過度な運動が辛かったりなど、挫折し ...

続きを見る

-便秘

Copyright© 【大暴露】くろしろが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.